2017年8月11日 (金)

高井戸署 恐喝事件

 万引き事件への関与を否認していた当時中学3年の男子生徒2人に対し高井戸署の警察官が威迫 侮辱していた事件 

 こういうことは警察の暗黙の手法として日常あることなのだろうと思う この事件は当該の警察官の問題ですませることではない 弁護士会やマスコミなどが指摘しなかったら このまま過ぎていったことだろう
 幼い子に 警察は何のためにあるの? と聞けば おそらく 悪い人を捕まえるため 交通事故を無くすため とかの答えが返ってくるだろうが 大人の国民の認識はこの程度ではいけない
 警察は ”人権を守る”ためにある 違反者の取り締まりも 捜査や逮捕もすべて 最終的に人権を守ることが目的 悪い人を懲らしめるためにあるのではない 今回の事件の警察官の暴言を聞くと 自分たちの仕事は 悪い奴を懲らしめるという幼稚な意識がありありと伝わってくる 幼き子が思う感覚と違わない おそらく 警察官の養成段階で ”人権を守る”という観点が抜け落ちているのだろう むしろ 警察官は法律に基づいて国民を取り締まるのが任務というくらいの感覚でなされているのではと想像する 取り締まるのは結果の方法であって目的ではない 
 警察官自身も日常に人権が守られているかも心配だ そうでなければ 他人の人権を守ろうという気持ちも生まれないし 次々と同様の問題は起こる 

2017年7月30日 (日)

嘘をついてまで 何を隠したいのか 森友 加計 日誌隠し

 ひとつの嘘を本当らしくするためには、いつも七つだけ嘘を必要とする。(マルティン ルター)という名言があるそうだが 森友学園 加計学園 陸自日誌隠し 問題の政府の弁解はそれを地で行く好例だ 野党陣営も国民も 味方の与党でさえ嘘をついていると承知でこの嘘まみれの劇を観ている 

 さて 嘘をついていることが問題かのような報道だが 実は問題の本質はそうではない 嘘をついてまで何を隠そうとしたかが本当の問題だ 国民がそこを自覚しなければ いくら大臣が辞めても 「問題がそれてよかった 辞めるだけで済んでよかった 何とか隠し通せたわ」で終わってしまう

〔嘘をついてまで何を隠したいのか〕

森友学園問題
皇国教育の復活をしたかったこと 政府がそう言う教育に資金的支援をした教育への不当介入が事の本質→憲法 教育基本法違反

加計学園問題
・政策の私物化→公僕たる政治家としての責務背任→憲法違反

陸自日誌隠し
・戦闘状態にあったところへ自衛隊を派遣した事実(日誌には見られたくない深刻な状況が書かれていたから隠したかった) →憲法違反 安保法の前提が崩れる
 そもそも 個人の日記じゃあるまいしそんな重要な公記録を破棄すること自体問題ではないのか? このIT社会で 逐次日本に送って保存していないはずがない 今でも本当はどこかにしまってあるのだろう ・・・ところで 証言上日誌はデジタルデータには散在していたとのことだから 早く公表してもらいたい

2017年7月29日 (土)

横綱 白鵬

 横綱白鵬が通算勝利数記録を更新のとてつもない成績を残した りっぱなものだ
 これまで時折放送されるコメントを聞いていると 「双葉山」「大鵬」「千代の富士」の名が出てきて 彼らにあこがれて相撲をとりに日本にやってきたようだ うれしいことだ 日本人以上に相撲をよく勉強している 普段から基本動作に余念がなく よく鍛錬し競技としての成果もあげているのだから尊敬すべき力士である
 なのに NHKの番組で知ったのだけど 以前稀勢の里に敗れたとき 場内からその手を挙げてバンザイと叫ぶ人が少なからずいたということだ なんと恥ずべき行為だろう サッカーなら協会あげて大問題になる行為 はっきり言って差別だろう 相撲協会はファンに対して直ちにこの行動に苦言を表するべきだった それができない相撲界が情けないと思う
 ゲストのデイモン閣下はイチローを例に挙げたが 努力する人に平等に認めないことが許せない  デイモン閣下はファンも考えなおしたほうがいいといった 全く同感!
 白鵬関は引退後 部屋を設けて指導にあたる希望があるときく 基本を重視し強い力士を育てることだろう

 それから 白鵬が 立ち合いで張り手を多用するのはけしからん という批評があるが これもどうかと思う けしからんのなら どうしてルールで禁止しないのか? 技として認めてあるのに使うと横綱らしくないと・・・・だったら 基準を明確にすべきである 例えば どの力士も下の番付に対しては使わないとか・・・相撲界 まだまだ合理性に欠ける わけのわからない古い観念が支配している感じがする

2017年7月19日 (水)

京産大は順序が逆 菅義偉官房長官

  あきれました 防衛大臣の南スーダン駐屯の日誌隠蔽暴露に続き また 墓穴を掘りましたね

菅義偉官房長官は19日の記者会見で 国家戦略特区を活用した獣医学部の新設を目指していた京都産業大(京都市)が教員確保のめどが立たず準備期間の不足を理由に計画を断念したことについて 「教員や用地、建物の確保や開学時期のめどがつかなければ特区認定の要件を満たすことは困難で 準備期間が足りないという以前に物事の順序が逆ではないか」との認識を示した

 世の中の人は敵も味方も加計学園の件は不公平認定事件だと思っている 政府関係者の答弁を嘘だと思っている・・・・かなり追い詰められているので いっそのこと強弁で両論を生み出して 世論を二分しておこうという そういう作戦でしょうか?
 開学時期が確定しなければ 多額の予算を使って準備できるわけないでしょ 開学時期よりも前から 教員とか電力供給とか土地とかを準備してきた加計学園こそ 「順序が逆」でしょ
 京産大は普通に正直に対応しただけ 京都ならIPS細胞研究も地理的に有利だし 遠望深慮があった可能性は大きいにもかかわらずその芽も摘んだ

2017年7月 8日 (土)

おどろいた映像 都議選

 都議選の最終日に 首相が秋葉原駅前に応援演説に来たら 「安倍辞めろ」のコールが一帯に轟いた 現職の首相に端的にやめろコール 市民が直接不満を同じ空間でアピールする こんな映像(場面)かつて記憶にない
 いいねえ 選挙 政治に直接主張する 大事な市民の資質だ
それに対して 安倍当人は「・・・・演説を妨害する こんなことを自民党は決してしません ・・・こんな人たちに負けるわけにはいきません」 と返した 

嘘つけ! 自民党は 自分たちに都合の悪い政治主張をする者を妨害・抑圧する「共謀罪」法を作ったくせに何を言うかだ

 この人歴史や政治学を学びなおしたほうがいい 自分がこびへつらうアメリカの建国の歴史を知らないのだろうか? 主権者たる国民が正当な手段で政府に対してアピールする 全く正当な権利であり近代民主国家の常識である むしろ国民がそのように政治に関心をもって主体的に行動する様子を喜ばなければならないし その活動を保障するのが憲法を遵守すべき政府の役割というものだ 
 国民一般も あのような「演説を妨害する」とか「誹謗中傷では何も生まれない」とかいう言葉を真に受けてはいけない  演説を妨害する=非道徳 なんていう次元の低い感情に流されてはいけない

 

都議選の自民大敗は納得できるけど

 都議選の自民大敗は納得できるけど たくさん議席をとった「都民ファーストの会」というのは いったいどんな政策をするのか?全く見えないのだが

・・・いや 豊洲へ市場を移転するというのだから どうやら大敗した自民と大同小異では?

なぞかけ 都議選 自民大敗とかけて・・・

 都議選 自民大敗とかけて
    「売れないソバ店」 と ときます

ココロハ

 「もり」 も 「かけ」 もまずかったなぁ 

座布団何枚?

・・・・・・ちょっと遅れたネタかな?

2017年7月 2日 (日)

秋葉原に現れた籠池氏

 森友学園の籠池泰典前理事長が 100万円の実物を持って秋葉原でのアベ総理の演説会場に現れて返そうとしたということだ マンガのようなシーンだが 籠池氏が 「100万円渡したのだから渡したと本当のことを言え!うそをつくな!」と演説に向かって叫ぶ様子が TVで放送された
 「嘘をつくな」と実にシンプルでわかりやすい声だ 

 だから 籠池氏の行ったことはいいことだった ということではないので間違えないようにしたい 甘い汁を吸おうとした罪は問われなければいけない 
 だけど もっと罪なのは 甘い汁をエサにして 皇国教育を仕掛ようとした者たちだ 森友学園疑惑の問題は 文書偽造とか低価格土地買収とかそんな低次元の問題ではなく 籠池氏のような深く考えない者を利用して 皇国教育を広げようとした 歴史反省のない明らかな憲法違反 政権によるの教育介入という大きな問題なのである
 せっかくの籠池氏のシンプルな行動に本質の一端が見えたのだから 有権者は目先の問題にとらわれず ムードや感情に流されることなく判断しなければならない

 ところで 思ったのだが これが昨日の事で 都議選の投票も明日だという時期に初めてアベ氏が該当演説とは? ふつうは初日にやるでしょ? かなり嫌われ追い詰められたいるのだろうなと思ったことだ

2017年7月 1日 (土)

森友学園疑惑 加計学園疑惑 

 森友学園疑惑 加計学園疑惑

 何も本質なことは明らかにならない ただ時が過ぎていく 一番疑わしい当事者はいろいろ言葉で逃げているが 国民はアベ政権応援者かそうでないかに関わらず 嘘ついていることは皆わかっている 繰り返すが 一番疑われている方々の応援者も嘘ついていることはわかっている わかっているけど必要悪で役に立つのでそのままにしているだけ そういう人たちは 嘘ついていることへの嫌悪感はないのだろう 社会正義という観念がないのだろう 罪の意識というか・・・まるで劇の台本のように淡々と答弁を述べて時間がたっていく 何も解決しないまま 早く追及終わらないかなあとう感じで 政治人格が壊れていくのがわからないのだろうか?
 森友学園は罪の咎を受けつつある それはそれでやっていいが 一番罪のある政府や大阪の関係者にはなんの追及もない 
 前川氏は 正直に述べた 百歩譲ってまだ本当かどうか未確定としておこう しかし せっかくの証言をもとにそれ以上の究明がされない
 日本中の皆が 現政府中枢の関係者が関わっていると思っている 思っているが時間が過ぎていく うそがまかり通る様子を しらけた 怒りを超えた侮蔑で眺めている
 
 

2017年6月29日 (木)

ビートルズ

 ビートルズ
 

 50年前の6月29日ビートルズが来日しました このミュージシャンが人気を博したころ 自分はまだ小学生低中学年で 家にレコードとかテープレコーダーとかの機器もなかったこともあり関心もありませんでした
 最初にちょっと気に留めたのは 中学のころ早朝にテレビの放送が始まる前の静止画面にBGMで流れていた曲が歌詞はなかったのだけど学校で聞くクラシック風でもなく でも物静かでどこか牧歌的で語るような曲がいつまでも心に残っていました それが後に高校生になるころ知る ”イエスタディ” 同じころ ”レットイットビー”も知りました クラシックに通じる重厚さをもったこの曲を聴いたとき はじめて単なる人気グループではなく ただ者ではないことを自覚しました
 小学生のころ国内でもグループサウンズが全盛期であったけど もともと歌謡には関心が薄かったし エレキギターがうるさいだけで叫ぶような歌い方で歌詞がよく聞き取れない音楽はあまり好きではありませんでした けど ビートルズのこの二曲だけはいいなと思っていました その後少しずつビートルズの曲に触れることがあり ”フールオンザヒル” ”ノルウェーの森” ”イエローサブマリン” ”オブラディオブラダ” ”ヘイジュード”などが琴線に触れる曲として心に残っていきました どうも自分のし好として 静かで語るようなものがいいようです
 時が過ぎ就職2年目のころ 酒の席で50代くらいの人から「演歌とビートルズとどっちがいい?」と聞かれて 迷わず「ビートルズ」と答えました 理由は「演歌は結果を嘆くものが多く何か悲嘆を消費するみたいなのに対し ビートルズは静かで悲しげなものもあるが 聴いた後何か希望がわきます」と答えたのを覚えています その方はうなずいていました これは今でも変わらない評価です  
 それから4年後自分の結婚披露宴では 参加者の年齢層も考えてBGMに ”イエスタディ” ”レットイットビー” ”フールオンザヒル” ”ノルウェーの森” ”ヘイジュード”などを使いました 小さな音量でさりげなく・・・
 時が過ぎ 50代になるころまだイエスタディとレットイットビーは色あせることなく心に残っていて 通勤時間が長くなったので 車内で何か聞くために ビートルズの曲を収録したCDを購入しました 音楽の媒体を購入するのは生まれて初めてくらいです
 すると それまで静かな旋律の曲ばかりを気に留めていたのですが 年齢を重ねて聞くと 小学生の時はいわゆるビートルズの象徴曲(というのかどうか知りませんが)もうるさいだけと思っていたのが いいなぁと感じて曲の世界に入っていけるから不思議です

”涙の乗車券” ”シーラブズユー” ”抱きしめたい” ”ゲットバック” ”ヘルプ”

古さを感じることなくどれも今作曲されたかのように新鮮です ビートルズが音楽のあたらしい類型であることは間違いないです やはりどこか希望が湧くのです 世界中の人に時も超えていいなと思わせるのだから 間違いなく歴史に残る価値の高い芸術です

«「花戦さ」 擬音の間違い

最近のトラックバック

このブログのタイトルに寄せて

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ