2017年6月27日 (火)

「花戦さ」 擬音の間違い

 映画やテレビドラマの擬音に野鳥の声が使われる 描くシーンの季節感 静寂感がよく出てとても良い が たまに間違いもある

 今日 「花戦さ」(野村萬斎 主演)という映画を観たら 中盤のところで コジュケイ(夏の里のシーンでよく使われる)の擬音があったのだが コジュケイは1915年以降狩猟や愛玩用として大陸(中国)から人為的に日本に移入され日本の山野に広がったもので この映画は今から400年以上前の織豊時代の物語なのでコジュケイの声が聞こえるのはあり得ないことになる 
 コジュケイは 映画「のぼうの城」でも聞こえてきた 上地 雄輔演ずる石田三成が陣のある丘に登っていくときの擬音で・・・この話もやはり戦国時代末期の設定なので コジュケイはあり得ない *どちらも主演が野村萬斎なのは関係ないけれど・・・・野村萬斎の表情演技は大変味わい深かった 
 でも もしかしたら コジュケイの場合 秀吉時代は大陸との交易が頻繁にあったとおもわれるので全く生息の可能性が無かったとも言えない

 他の例としては アニメ「君の名は」で 物語クのライマックス近くで紅葉真っ盛りの季節に山に向かうシーンで「キビタキ」のさえずりがしたのだけど キビタキは初夏に来る渡り鳥で さえずりが聞こえるのは4月から6月くらいなので矛盾する ・・・ だけど これも ストーリィ自体が人知を超えた自然の力や運命を表現しているものなので 制作者は意図的に季節外れのキビタキの声を用いたのかもしれない

 どちらも作品自体の良さには全く関係はないし 効果的に響いていることは間違いない 野鳥マニアの寝言である 

2017年6月16日 (金)

泉の水で生息動物がわかる

  昨日朝食時に、森の泉にたまった水、コップ1杯分をくんで分析するだけで、そこに生息する野生動物の種類を一度に特定できる技術を千葉県立中央博物館などのグループが開発しました。というニュースを聞いた。
 動物が水を飲んだ時に出る、唾液や皮膚の断片由来の環境DNAと呼ばれるものを解析するらしい。環境DNAを使った生息生物把握はすでにあるらしい。はっきり述べてはいないが今回のは、大型のいわゆる”けもの”が対象という印象を受ける。
 これは画期的な技術だ。これなら野生動物の分布をあまり費用や手間暇かけずに把握できる。ニュースで言っていたのは、熱帯雨林の絶滅危惧動物の保護に役立つということだが、それに限らず、国内のクマやシカ、イノシシなどの分布把握に使えないだろうか。そうすれば、獣被害、防獣対策にだいぶ効果的な気がするが・・・将来オオカミが日本の自然に戻されたとき、分布拡大の把握にかなり有効に使える気がする。

2017年6月 7日 (水)

銅像に帽子やシャツを着せる

銅像に帽子やシャツを着せるのが問題になっているようです 困った ”善意”です 造形を味わう姿勢や感覚を持ちたいですね
 4月の下旬に
 江ノ電「江ノ島駅」の車止めの柵に スズメの彫刻があってそれにいつからかそれに服を着せる人がいて季節ごとに変わったりして「かわいい」とネットで広がり海外観光客が多く見に来るというニュースをやっていました あのニュースが大分影響しているようにも感じました

江の島駅のスズメに 寒いだろうと服を着せるのは 自分が彫刻の作者だったら嫌ですね せっかくの造形が味わえないので 作者に失礼ではないでしょうか 著作権侵害の一種になると思います
 これが 裸体像だと そのうち下着をはかせようとする輩も出るのでは・・・そうなると 芸術がポルノに変わる いたずらの域に入っていくでしょう

2017年5月29日 (月)

北朝鮮のミサイル発射実験

 北朝鮮のミサイル発射実験に際して 盛んにその危機を報道している 官房長官の記者会見も迅速かつ明瞭な口調だ 森友学園問題 共謀罪問題 原発事故問題などは遅々として少しも核心に触れるコメントをせず真相解明に向かおうとしないくせに やたらすばやい演出だ・・・
 今回は排他的経済水域に落ちたとか いつ領土に落ちるかもしれないと危機感をあおる そんなにあ危ないとおもうなら 早く原発をなくせばよい 原発を攻撃されたら日本は終わりだ・・ そして 米軍などという格好の攻撃対象を日本国内からなくせばよい・・・だけど それはしない・・・なぜならば ミサイルは挑発にすぎないことを知っているから 北朝鮮の挑発行動で 安保法案肯定 軍事やむなし 改憲という風潮を作りたいのだろう 北朝鮮と外交的話合いの動きを本気になって作ろうとしないのがなによりの証拠だ
 そもそも 不思議に思うのは ミサイル発射実験とか 核実験なる危険行為を アメリカや諸外国はやってよくて 北朝鮮はだめ という理屈は成り立つのか 自分は良い国 北は悪い国 という思想で平和への道筋はあるのかと思う 米軍が各地で日々何人もの人々を殺傷してきたことはほとんど報道しないくせに
軍事挑発には軍事を・・・この発想 分別のない若者の喧嘩によく似ている 

2017年5月24日 (水)

共謀罪 国連特別報告書「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」として懸念

 「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正について 特定の国の人権状況などを調査・監視・公表する国連特別報告者で 「プライバシー権」担当のジョセフ・カナタチ氏(マルタ大教授)が 「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」として懸念を表明する書簡を安倍晋三首相あてに送った

 この人は正しい

2017年5月23日 (火)

WBA世界ミドル級王座決定戦

20日のWBA世界ミドル級王座決定戦 村田 エンダム戦

 ボクシングというのは 倒れたほうが負けだと思っていました 陸上で言えば 遅くゴールした方が勝者になるようなもの  これで多くの人がボクシングファンをやめていくでしょう

 ・意図的な八百長判定なら ファンや選手をバカにしている

 ・有効打を重視する判定と手数を重視する判定がどちらでもジャッジにまかされているのなら同一基準で判定しないルールそのものがおかしい

 ・手数重視もあるかもということを知っていたとすれば村田陣営の甘い作戦ミス

 ・せめて前半か後半各ラウンドの判定を示すべきだ

 ・WBA会長が抗議の意思を示したということだからファンの感覚と一致していることに一安心 再戦が実現しなければファンの怒りを呼ぶだろう

 ボクシングは 基本的に拳で倒すことを目指す それがない場合に限り やむを得ず倒すだろうことを仮想して有効打を評価するものだろう 技の美しさをめざすものではないはず
 

 
 
 
 

2017年5月16日 (火)

道理が通らない政治

 森友学園の問題は 汚職事件であると同時に 教育に皇国教育を持ち込もうとするファシズム事件でもある ところが 事件の末端の人物は正直に本当のことを話しているのに(全貌ではないかもしれないが) 最も疑わしい者が正直に真実を言わない こういうことがまかり通ると 人々の中に
 「何を言っても無駄」
 「考えない方が得だ」
 「あれこれ波風立てない方が美徳だ」
 「もういいじゃないか」
という 考えが漂ってくる
 政治から正義が失われると 国民の心がすさむ 大人のそれを察知した子らの心も正義に向かうはずがない 学校からいじめがなくなるはずがない 

 何も変わらないから 考えるのはよそう 自分には関係ない・・・そういうのが内なるファシズムだろう そういう民衆心理がヒトラーを生んでしまった

 だから 何も変わらないように見えても 変わらなくても 思考停止にならず道理を言い続けなければならない 
 正義を通したくない悪人のねらいは 国民が思考停止になって道理を主張しなくなること

2017年5月 9日 (火)

四季島

JR東の超豪華列車「四季島」
 列車の在り方として ちょっと違うんじゃないのかな? あんなお金のかかる乗り物 自分では到底利用不可能 お金持ちの人のためにあるのでしょ? 旅まで格差社会ですか?

2017年5月 3日 (水)

モンスターウルフ

 目を不気味に光らせ、鳴き声で野生動物を追い払う「オオカミ形かかし」の実地試験が札幌市の果樹園で進んでいる

 名前は「モンスターウルフ」 センサーで動物を感知すると 光や音で威嚇するそうだ
 なるほどこんなアイデアもあるのかと感心する 時間が経つと獣も学習して本物でないとわかれば効果はなくなると思うが・・・

・・・それにしても お金と労力をかけるなら 本物のオオカミを野生に復活させればいいものを

2017年4月30日 (日)

都立高校 「地毛証明書」

 都立高校の約6割が、生徒が髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないか、生まれつきの髪かを見分けるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させていることがわかった

・・・・・・本当にそういうことしているの? 唖然とした

 まず これは”人権侵害”である 形を変えた体罰 虐待という認識を持つべきだろう
 次に 人間なのだから互いの信頼で言葉で伝えあえばいい 生徒をばかにしている 信頼していない
 それから そもそも 茶髪やパーマの何がいけないのか 結論は別として どうして生徒を交えて考えさせようとしないのか 共に思いを寄せてよい学園を作ろうとしないのか そういう過程で 社会や学校生活への深い認識ができる これじゃ主体的に考える人間は育たない
 こんな低次元の管理ではなく 生徒が目を輝かせる有意義な取り組みに目を向けさせたらどうかね 信頼して 

«北朝鮮のミサイル落下に備えて公民館に避難?

最近のトラックバック

このブログのタイトルに寄せて

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ