2019年1月17日 (木)

相撲解説 北の富士さん いただけない

 若手の台頭で面白い相撲なのですが、開設の北の富士さんの語り、合いの手がいただけません。ムッとくる。今日もまた北の富士なの?って感じで・・・。
 ラジオ放送で、先場所では、「今目薬さしていて見てなかった。」、なんてのがあったと家族から聞きました。今場所では、御嶽海の話題で、「一敗しているので・・・」(北)というのを、アナが話の脈絡を違えたのか、「一敗してません。」(聴者の自分もアナと同じ解釈をした、今日まで五連勝なので・・・)と返したところ。解説は「今から言うの・・」と語調を強めて怒るように言うではないか。アナはすかさず「失礼いたしました。」と返して何とか番組の流れを崩さず事なきを得た。さらに、一番終えた勝利力士へのインタビューで、別のアナが、最後に「明日はどう取り組みますか?」と聞いたのに対して、上げ足をとるように。「明日どう取り組むか聴いたの?言えるわけないでしょ。」と言うではないか。聴者としてはよくある質問で何の違和感もなく聴いていたのだが、ここでもアナは機転を利かせて、「インタビュー○○アナの名誉のために、心構えを尋ねたのです。」とまとめて解説の流れを壊すことなく事なきを得た。さすがプロのアナでした。
 解説は、アナと協力して聴者のために相撲をわかりやすくするのでしょう?客じゃなくて、番組をつくる出演者の一人なのです。普段の個人的な仲間との会話みたいな感覚でいるのです。
 辛口はいいですが、横柄な態度は駄目です。しかも、具体的な技とかその一番の詳しいポイントが少ないのです。辛口なのはいいかもしれないが、心構え、残念だねぇとか、ひどいねとか、素人でも思う感想が多い。その点、舞の海さんや鳴門親方(琴欧州)は、具体的で聞いていて面白い。
 

2019年1月11日 (金)

漫才コンビ「ウーマンラッシュアワー」  村本大輔

 先月夜、何気なく漫才番組を観たら、ちょうどこのコンビの漫才が始まるところだった。聴いてみたら、どんどん引き込まれた。
 マシンガンのように止めどなくしゃべり続ける村本・・・そういうアクションで笑わせるのかと思ったら、聞いていると言っている中身が現在の社会をまじめに突いて、深い・・・それでいて笑いになっている。聴者を笑わせるだけはない。・・・今後注目の芸人です。
 今後もっと世の人がこの漫才を聴いてほしい。

 リテラという情報サイトにこのコンビのことが載っていたのでたくさんの人が知ってほしい。→https://lite-ra.com/2018/12/post-4420.htm

年賀状に関する違和感

 今年も年賀状が届いたし、自分も年賀状を出した。毎年思うことだが、少なくない違和感、疑問を覚える。

 その1 家族のことが載っている年賀状
 子が就職しました、結婚しました、孫が生まれました・・・・どうでもいいこととは言わないけど、子が就職できない人、結婚していない人(望む場合で)、孫がいない人が受け取ったらどう感じるのだろうか?自分はこういうの不快である。年賀状はその個人に対しての交流であり、知らない家族は関係ないのだが・・・・・そろそろ気づいてほしいと思う。差出人が家族全員になっているのもあって、困ってしまう。

 その2
 手段として、電子メールもありかと思う。が、まだまだそれを否定的に受け止める方もいる。安直な方法で失礼ではという感覚だろうが、気持ちが伝わるのなら方法はどうでもいいと思うのだが。そういう方も、便利で安直なパソコンを使って編集印刷しているケースも多いのでは。気持ちを伝えるなら、筆で直筆で書かいないとダメでは?。しかも、郵便屋さんは駄目ですよ、飛脚でなきゃ。(笑)

 その3
そもそも年賀状って意味あるの? これだけ通信手段が発達した社会で年賀状の意味は何だろうといつも思う。

 その4
 郵便料金が高すぎる。100通出せば6200円。半分でも3100円。自分の家計には手痛い。現在相手を見ながら極力削減中。将来は廃止の方向で考えている。

2018年7月 5日 (木)

FIFAW杯  日本VSポーランド戦

 今回の大会一次リーグ、日本対ポーランドの試合で、日本は1点負けているにもかかわらず点を取ろうとせず、終盤近くにただパスだけ回して1-0のまま時間経過作戦に出た。当然ゲームはサッカーとは程遠くつまらないものになった。
 そうなった理由は、同時に試合をやっている2位争いにあるセネガルが、いくつかの順位決定の基準まで同位。わずかに警告ポイント数の差で日本が勝っていたから。(警告ポイントはプレーすれば増えることはあっても減ることはない)このまま互いのゲームが動かなければ日本が上位になるので、セネガルがこのまま1-0で負けると見越してそれに賭けたということだ。
 さて、これに対して批判と同調が入り乱れた。
批判の根拠は、
・スポーツの最大のフェアプレイは「勝つことを目指して全力を出すこと」であり、負けを維持するなどスポーツとして死んだも同然。
・ほかの試合に自らの上位進出をかけるなど積極性とか攻撃的サッカーとは程遠い。プライドというものがないのか。
・もし、セネガルが点を入れたら即敗退。そんなバクチをしていいのか。
・・・・・等々、まったく正論である。

同調見解は、
・目標は決勝トーナメント進出である。それに向かってあらゆることをしたまで。日本チームも不本意と言っている。
・非常にまれな状況になった。迷うことも無理はない。決勝Tのゲームに的を絞ったのだ。
・警告ポイントが少ない(フェアプレイ)という努力で勝ち取ったものだ。
・これは賭けではない、このままポーランドに仕掛けて返されたり警告をもらったりする確率とセネガルの状況を詳しく見たうえでの確率を考えたことだ、バクチではない。
・・・・等々 フェアプレイという観点以外どれも根拠はある。

 さて、自分はというと、理念としては前者。しかし、現実の問題に直面してしまった日本チームに強く同情する。プレーすれば不利になることはあっても有利になることがない評価数値によって順位が決まるというルールをなぜ決めるのかという疑問が残る。これがプレーで有利に変動可能な基準だったら果敢に攻める選択しかない。抽選という決め方もなくし、プレーで有利に変動可能な評価数値で順位を決めるルールにすべきと思う。
 また、ポーランドも日本につき合うように動かなかった。その理由がわからない。ポーランドは敗退が決まって失うものがないのだからボールを奪って差をつけようとするのがスポーツマンシップだろうに。アンフェアをいうのなら、ポーランドも同じように恥ずかしいサッカーをした。
 わざと手を抜く手法は普通のサッカーの試合で垣間見る。勝っていると、攻撃するしぐさをして意味のない時間稼ぎパスを回すなど現実に行われている。今回も、戦術としては卑怯だが戦略としては上位進出を目指したわけで、そういうのはどうやって明確に区別したらいいのかと思う。リーグ戦では、上位進出が確定していると、レギュラーを外しいわゆる二軍で試合をすることがある。こういうのも考えようによっては全力で戦わないアンフェアの一種?それとも正当な戦略? かつてメキシコ五輪サッカーで銅メダルになった日本は、決勝トーナメントで地元メキシコと当たりたくないので“勝たないように”という指示があったとかいうのを当時の某有名プレーヤーがTVで話していたのを聞いたことがある。

 だが、こういろいろ考えるのは大人の思考であり、サッカーを目指す子どもの目には情けないプレーを見せてしまった。これを思うと根深いしこりができてしまったのかもしれない。おそらくサッカーファンも二分だろうけど、決勝トーナメント一回戦でベルギーに負けてしまったので、時間がたつにつれてしこりが大きくなってしまわなければいいけど。

2018年5月27日 (日)

半分、青い。

MHK朝ドラ「半分、青い。」  
 なかなか面白い展開で原作者は北川 悦吏子さんという方。岐阜県美濃加茂市の出身。自ら腎臓の持病や片耳の失聴をお持ちとのこと、主人公や主人公の母親のドラマ設定のモデルはご自分自身なのではないかと思われます。
 ドラマ舞台は、岐阜県の「東美濃市」という架空の町。実在の町で言えば、中津川、恵那、瑞浪、土岐、多治見あたりになります。岐阜県では美濃の濃を取って、「西濃」(せいのう)「東濃」(とうのう)という呼び方をします。ドラマはこの「東濃」です。私の生まれも北川さんの美濃加茂市、土岐市、瑞浪市に隣接でこの東濃地方なので親近感を持って視ています。国道19号線、丘陵地帯にある墓地、木曽川、明治村、東美濃鉄道の青色バス(これは架空会社で実際は東濃鉄道で赤と緑)など、自分としては違和感のない懐かしいものが次々登場します。ドラマでは子ども時代に木曽川で遊びますが、実際は都市部に流れるのは土岐川で庄内川の上流・・・深く追求するのは野暮ですね、やめときましょう。
 方言(脚本)は、ドラマ用にワンフレーズ程度の語尾や抑揚程度にとどめてうまく作ってあります。100%で話したら何を言っているのかわからずドラマになりませんから。ただ、主人公鈴愛(すずめ)の就職のために協力したJAのおじさんが店に五平餅を食べに来て鈴愛の母親と会話するシーン。あれは正真正銘地元の本物のおじさんだと思います。方言がそのまんまでしたので。また、幼なじみ律(佐藤健)が東京で同じマンションの初対面の正人との会話で、あのイケメン俳優の口からまさかこの地方の典型的な方言「何やっとりゃーす。」が出てくるとは思いませんでした。(笑)
 漫画家の仕事風景が出てくるのも楽しい。自分が中学生の時、漫画家になるにはどうしたらいいかと、漫画の描き方などを少年雑誌で探していました。当時は望月三起也(2年前に亡くなった)のファンで、ある一コマを写そうと試みました。何も知らず藁半紙にコマ割りをして鉛筆で下書き、ペンで書いて消しゴムで消す。そのうち藁半紙が画用紙に昇格しましたが・・・。描いているとどうしても困ったことが二つありました。
 一つは漫画にベタ(黒ぬり部分)でもなく、白でもない半調子(灰色)の印刷部分があることです。例えば顔の影とか・・・。これはお手上げでした。どうやって描いているのか?これは後から知ったことですが、ああいうのは、当時漫画家が、原稿に「アミ」と書いて出版社に渡せばいいのだそうです。仕方がないので、絵の具で灰色をつくって塗ったり、ペンで平行線を並べて描いたり、点を並べて描きましたがどうしてもそれらしくかけず挫折。現在は文具店に「スクリーントーン」なる優れ物があります。実は、30代のころ中学生がスクリーントーンをもっているのを見てびっくり。あの時の疑問が氷解、これなら自分にも漫画が描けるかもと思いました。
 もう一つは、間違えてしまった時どうやって直すのか?という疑問。ペンなので消しゴムは使えません。漫画家ってすごいなあ、間違えずに描けるのかと思いながら、間違えた時はもう一度最初から書き直してそのうち挫折しました。これも後から知ったのですが、ホワイト(当時はポスターカラー)で上から重ねて描けばきれいに印刷できるのです。(これを知ったのは大学生になってから)・・・このように、自分も主人公鈴(すず)愛(め)と同じようなことをしていたので、苦笑しながら視ました。  
 ドラマで“カケアミ”という漫画用語が出てきます。初めて聞く言葉でしたがすぐに意味は分かりました。“網状に重ねて描く“ということ。美術で言う“ハッチング”に近く、線を重ねて明暗調子を出す方法です。
 NHK様、岐阜県東濃地方と岐阜弁と漫画家が市民権を得られるドラマを本当にありがとう。

2018年4月13日 (金)

イラク日報が新たに見つかった

 防衛省が国会で「不存在」と説明していた自衛隊イラク派遣時の日報が新たに防衛省情報本部と陸上幕僚監部で計265日分見つかったとの報。

 当たり前だ。派兵推進者こそ必要とする軍事行動の基本中の基本資料をなくしたり、破棄したりするわけがない。ないと答弁すること自体が嘘であり、なくしたら公務員として職務怠慢。ましてや、命に係わる軍事なのだから、何らかの処罰事項の範疇に入れるべき。

2018年3月20日 (火)

文部科学省が私立小中学校世帯経済支援制度支給滞る

 文部科学省が、私立小中学校に通う子どもがいる世帯(所得条件あり)に対し、経済的支援として年額10万円を支給する制度を本年度から始めたものの、約2万1千人の全国すべての対象者に未支給の状態が続くとの報。
 申請者数について文科省の見通しが甘く、想定の約2倍の申請が寄せられて予算が足りなくなったため。約9億円分の予算が不足する事態に陥ったという。

 馬鹿言っちゃいけないよ! 森友にまけてやった8億円をそのまま使えば即解決だ!

2018年3月19日 (月)

インクジェットプリンターのインクが高すぎ

 インクジェットプリンターを使う人は気づいていること、インクの価格がとても高い。消耗品の売り上げを利益の中心にしています。それはある程度納得できます。そこから働く人の賃金が払われ、次の便利な機械の開発が行われるのですから。利益を上げることには何の不服もありません。
 しかし、自分の場合機械が5000円前後で、四本セットのインクカートリッジが2000円~3000円する。二回消費すれば機械本体が買える価格です。年間3000ページほど印刷する自分には大変な出費になってしまうのです。印刷の質を求めない利用者には低価格のインクを提供してもらいたい。
 それから、機械がトラブルになった時の修理にかかる経費が、本体を買うよりも高くつく。半強制的な消費の促しです。こういうのは経費の損得はなくても、使えるのにもったいないという人の心理には大変なストレスです。消費者を暗に馬鹿にしています。物を大事に長く使う生活をしたいのに生産から消費そして破棄(再利用)のシステムがそうなっていない・・・・どっかおかしいです。
 機械をもっと高くし、安価に修理できて、インクを安く設定し、しかもメーカーの利益も生む。そういう消費生活がしたい。

2018年3月14日 (水)

森友文書偽装事件

 森友文書偽装事件・・・・・・さあいよいよ国政中枢にいる関係者の関与が明るみに出るところまできた。追い詰められてようやく認めたか。という感じで、渦中の佐川氏を退任させて幕引きにしたいのだろうが、どこまで欺瞞に満ちた政治なのだろうかと思う。民主主義に敵対する勢力は出て行けと今や世論は沸騰している。このままの幕引きは今までの民主主義の歴史に対して許されない。
 佐川氏が言ったことの矛盾がないように書き換え(偽造)を行ったのだろうが、「誤解を招くということで、佐川の答弁に合わせて書き換えられたのが事実だと思う。」という麻生財のコメントはますます滑稽だ。ここでも悪いことをした者が謝罪会見でよく用いる定番の”誤解を招く”が出てきた。国民は決して誤解はしていない。そうではなく、
 「佐川答弁の嘘が分かってしまうので、佐川の答弁に合わせて書き換えられたのが事実だと思う。」というのが、真実だろう。そう国民は思っている。現政権支持者も実はそう思っているはずだ。

 「ひとつの嘘を本当らしくするためには、いつも七つだけ嘘を必要とする。」マルティン・ルターの言葉を地でいく事態だ。
 これも、ナチスの手口なのだろうか。

 佐川氏の身の安全もちょっと心配だ。

2018年3月 4日 (日)

3月4日の善光寺平



おとといから春になりました。篠ノ井線姨捨駅からの早春の善光寺平です。Dscn4349

«角界の不祥事

最近のトラックバック

このブログのタイトルに寄せて

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ